ゼロキャリ 経営コース

学びと実践の3年間

「経営コース」では、働きながら経営に必要なスキルが習得できます。

経営コースのカリキュラムは3年制。ご紹介させていただいた職場で働いていただきつつ、 週に1度の講義を通じて「経営・営業・マネジメント」などの能力を高めていきます。学びと、それを実践できる環境を同時に提供できることがTryingの強みです。

コース修了後の選択肢は「起業」「キャリアアップのための転職」「Tryingでの正社員登用」など様々。成長を実感できる、密度の高い3年間をご用意しています。

「実績のある20代」は評価される

年に4回ほど昇級・昇格のチャンスがあることもゼロキャリの特徴。20代のうちに、具体的な実績を積むことができます。

20代社会人の主な評価基準は「やる気・ポテンシャル・学歴」といわれています。それだけ20代がキャリアをつくることは難しく、 社会もそれを期待していません。だからこそ、実績のある20代は高く評価されます。

昇級・昇格は職務経歴書にも書ける立派な実績です。ゼロキャリは受講生の能力を正しく見極め、「キャリアゼロ」から「1」へのステップアップをお手伝いします。

経営者と会ったことがありますか?

ゼロキャリでは、経営のプロから直接ノウハウを学べます。

大手企業ほど、経営陣と一般社員とのつながりは薄いもの。20代の若者が直接経営のノウハウを学べる機会はほとんどありません。 ゼロキャリでは、Tryingの経営に携わるプロから直に学ぶことができます。

少人数だからこそ、受講生や講師と親しくなりやすい点も魅力の一つ。完全紹介制のサービスならではの、質の高い学びの場が用意できました。
講師


榎本 悠祐

2011年
 某メガベンチャー企業に就職。入社1年目にして営業部の管理職に就任。

2013年
 24歳で会社を辞め、独立。アパレルブランドを立ち上げ、WEBでの販売事業を展開する。

2016年
 人材コンサルタントとしての活動を開始。精力的に若手の教育に携わる。

2018年
 20代のキャリアアップを支援するため、ゼロキャリ事業を立ち上げる。

受講者さまの声


佐々木 登貴也さま

私はゼロキャリで、心の律し方を学びました。ゼロキャリはキャリアアップを目指す場であると同時に、 前向きな考え方を学べる現場でもあります。

就職当時の私は仕事に集中できず、無気力な日々を送っていました。 17年もの間、一心不乱に打ち込んできた器械体操をやめた影響が大きかったと思います。そんな辛い時期を支えてくれたのが、ゼロキャリでの学びです。

経済の知識・経営スキルはもちろん、良い心の在り方を学べたことが、私にとって最大の収穫でした。


市原 数也さま

成長に結びつく「気づき」を得ることができたと思います。成長を実感できずに悩んでいたとき、 人づてに紹介されたのがゼロキャリのキャリアアップ事業でした。

ゼロキャリで学ぶうち、今まで漫然と続けていたことでも、考え方次第では成長に結びつくことに気づかされました。 仕事とは関係のないと思っていた「人間性」の重要さを教えてくれたのもゼロキャリです。

そのおかげか、今は管理職という責任ある地位に就くことができ、仕事にもやりがいを見出せています。 ゼロキャリと出会ったことで、人間として一回り大きくなれた気さえしますね。


松島 亜美さま

ゼロキャリで身につけた営業力を活かして、若者のための転職事業に携わっています。

私は営業力とは、「自分自身を売り込む力」だと考えています。自分を知ってもらい、 信用を勝ち取れなければ、求職者さまの協力は得られません。まずは自分を営業すること、いつでもそれが、お客さまと私の双方に良い結果をもたらしてくれました。

そしてこれからも、その方にとってベストな提案ができるよう、営業力に磨きをかけていきたいです。


鈴木 貴也さま

ゼロキャリに入るまでは、仕事は「やらされるもの」でした。 一生懸命ではあったんですが、気持ちの浮き沈みが激しく、人としても未熟だったと思います。

以前、ベンチャー企業にいたころは、寝る間も惜しんで仕事に打ち込みました。やりがいを感じたくて、アパレル関係の仕事をしたこともあります。 しかし「自分がどうなりたいか」がわからなかったばかりに、ただただやる気が空回りしていました。

ゼロキャリは、私のような20代に目標を指し示してくれる事業です。なのでもっと多くの若者の悩みを解決してくれるのではないか、と期待しています。